健康のために高濃度水素水を飲む

含まれている水素の量が多い高濃度水素水

今、ちょっとしたブームになっているのが水素水。

  • 健康的になりたい
  • 美肌作りをしたい
  • 朝スッキリと起きることができない
  • ダイエットをしたい

など、上記のことが気になる人にとって、水素水は力強い見方になってくれます。様々なタイプの水素水が発売されていますが、パウチパックに入っているタイプなどは、ドラッグストアで買うこともできます。

ただ同じ水素水でも、選ぶポイントはその濃度。どれだけしっかり水素が入っているかが重要です。このとき見るべきポイントは、濃度の単位。1気圧化で水素が水に溶け込む濃度は、1.6ppmが限界。だからこの1.6ppmに近い商品(高濃度水素水)を選ぶことが大切なんですね。

またppm以外にppbという単位を使っている商品もありますが、これには注意してください。ppbは、ppmの1000分の1の単位なのです。1000ppb は、1ppm と同じ。300ppbと書かれていても、ppm に直すと 0.3ppm に過ぎないわけです。より詳しい説明はこちら。濃度の単位 ppb と ppm は何が違うの?

高濃度。1.6ppm に近いものを選ぶことと・・・

良いものを見つける

メーカーによって含まれている水素の量は違うのですが、どうせ飲むなら高濃度水素水のものを選びたいところです。しかし、どの商品が高濃度なのでしょうか?濃度について厳密な規定があるわけではありませんが、一般的には1ppmを超える商品が高濃度と思ってよいでしょう。

また、水素は最も大きさが小さい分子で、機密性に優れている容器でなくては、水の中に含まれている水素が逃げてしまうのです。水素水を探してみるとわかりますが、ほとんどがパウチパックに入っています。ペットボトルや缶に入ってるものはあまり見かけません。これはペットボトルや缶よりもアルミで出来たパウチパックの方が、水素が逃げにくいからです。

つまり、水素水を飲むなら機密性の高いパウチパックタイプ。さらには高濃度水素水がおすすめです。なかには、水道水に直接取り付けるような専用の機器もありますが、この場合も、できるだけ水素の量が多いものを選ぶことがポイントになります。

そんな水素水選びに迷ったら、こちらのサイトが便利。効果・効能や各製品の水素濃度についての記載があり、さらに水素量を表記したランキング形式での商品の紹介もあります。
http://www.la-choueete.net/

水素水ってどんなもの?

そもそも肝心の水素水ですが、活性酸素を取り除く働きがあるので、老化や病気を予防することができると言われています。

活性酸素には良い活性酸素と悪い活性酸素(ヒドロキシルラジカル)があり、悪い活性酸素が溜まってしまうと身体の中が酸化、つまりドンドン錆びていってしまうのです。

この悪い活性酸素を取り除いてくれるのが水素なのです。しかも(活性)酸素と水素が反応してできるのは水。副作用がないのも嬉しい点です。

アンチエイジングはもちろん、生活習慣病などの予防にも繋がるので、水素水は注目を集めているのです。でもその反面、良い噂がまだまだ少ないのも事実。

  • 飲んでいるのに効果がない
  • そもそもどんな効果があるのかよくわからない
  • 怪しい商品が多すぎて、どれが良いのかわからない

といった不安を抱えている人も多いのです。悪徳商法の手口や犯罪などの事例がニュースで取り上げられることもあるので、良い印象を持っていない人もいます。

だからこそ、慎重に、信頼できる高濃度水素水やメーカー選びが必要になってくるわけです。

お水を飲むことは悪いことじゃない

お水は小まめに飲むべし

水素水に限らず、水を飲むということは悪いことではありません。むしろ人間の身体の70%以上は水分でできているので、水を取り入れるということは身体にとって負担になることはありません。

飲めば飲むほど体には良いことなのです。と言うのも十分な水分があれば、体は水分が足りていると判断し、尿がたくさん出るようになります。尿が出ることで老廃物もどんどん排泄されることになり、体の中から綺麗になることができるというわけです。。

ちなみに喉が渇いてから水分を摂っていては遅いです。喉の渇きは脱水症状の一歩手前。だから水はこまめに飲んだ方が体には良いのです。

一般的には、「1日コップ8杯の水を飲むこと」と言われています。このとき飲むのは、コーヒーや紅茶、ジュースなどではなく普通の水でなければなりません。コーヒーやお茶には利尿作用がある物質が含まれているので、水分補給にはならないからです。

この水を水素水にすることで活性酸素の除去もできるのでより一層健康的です。さらに水素の濃度が濃いものにすれば、より水素を沢山取り入れることができます。

出来れば、残存容量が0.8ppmあるものを飲みたいものです。残存容量というのは残っている量のことです。多くの水素水は工場では飽和状態で製造されるのですが、どうしても徐々に水素が抜けてしまうのです。ですから抜けにくいパッケージの製品を選ぶことと、できるだけ作りたてのものを選ぶことが大切になります。

また水素水は飲みすぎて副作用が起こることもありません。サプリメントや薬の場合は、1回(もしくは1日)の摂取量が決められています。でも水素水には特に決まりもありませんので、安心して飲むことができますよ。


※高濃度水素水とは?濃度が高い水素水は、どれ?のカテゴリー


選ぶためのポイントは?

高濃度水素水が体に良いということから多くの商品が販売されるようになってきていますが、実際に試してみたいという時にはあまりに商品の数などが多く...

美容にも役立てよう!

高濃度水素水は体に良いということはだいぶ認知されてきていますが体に良いというだけでなく美容にもとても有効なものとしても認知されてきています...

水素水の効果は?

高濃度水素水が体に良いというイメージはすでに多くの人がもっているでしょう。でも実際にどういった効果があるのかというと健康に良い、美容に良いと...

冷たいのが苦手でも沸騰させてはダメ

中には「冷たい水が苦手」という方もいらっしゃるでしょう。 暑い夏などはキンキンに冷えた水を飲むこともあるでしょうが、寒い冬となると冷たい水は...


葉酸の効果は?どんな良いことがあるの?
妊婦さんが摂りたい葉酸には、どんな効果があるの?また、どうして摂るべきなのでしょうか?

ヨーグルトの効果を知ろう!
ヨーグルトにはどんな効果があるの? 腸のため、健康のためと思って食べている人は多いと思いますが・・・